文字サイズ

地域防犯活動を推進する

はじめよう!『ながら防犯』活動

◎『ながら防犯』とは
「仕事」「通勤・通学」「買い物」「ウォーキング」「ジョギング」「犬の散歩」「花の水やり」「あいさつ」などの、日常の生活行動の中に、防犯の視点を取り入れて行動しながら、地域の「異変」「異常」「危険箇所」に気づき、それを防犯や交通安全等の活動に関わる人に伝えることで、犯罪を未然に防ぐ一連の行動を『ながら防犯』と呼びます。
これは、個人や団体を問わず、誰もが日常生活の中で、気軽に実践できる防犯活動です。

〇地域の「異変」「異常」「危険箇所」とは
このまま放置すると、犯罪や事故につながる可能性がある状態を指します。
例)「不審者(車)を見かけた」「徘徊する人を見かけた」「住宅の窓が壊れていた」「通りの防犯灯が消えていた」
「落書きを見つけた」「大量のゴミが放置してあった」「ポストにチラシ等が溜まっていた」など。

〇防犯や交通安全等の活動に関わる人とは
例)「通学路で子ども達を見守る“見守り隊”の人」「青パトに乗った人」「横断歩道で交通誘導している人」
「オフィスやマンション等の警備員」「警察官」など。
*見守り隊や交通誘導者等に対しては、日頃から通勤・通学中にあいさつするなど、顔見知りになっていれば、地域の「異変」等を気軽に伝えやすくなります。

本事例集では、「ながら防犯」に取り組む団体の活動事例や実際に活動されている方の声を紹介していますので、皆さんも無理のない範囲で、できることから始めてみませんか。

『ながら防犯』活動事例集 PDF
『ながら防犯』活動グッズの紹介 PDF