福岡の安全・安心のための交流広場「あんあんネットふくおか」

あんあんメールバックナンバー

あんあんメールでは、下記のような情報を配信しています。

県、県警察、市町村からの
(1)地域防犯活動団体の活動を支援するための情報
(2)防犯の啓発情報等の安全・安心まちづくりに関する情報

地域防犯活動団体からの
(3)イベント情報、合同活動の呼びかけなど他の団体へのお知らせ

ご希望のバックナンバーを選択してください

月別バックナンバー

配信元別バックナンバー

配信地区別バックナンバー

バックナンバーをすべて表示する

全てのバックナンバー

小学生のぼうさい探検隊マップコンクール作品募集中!

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年07月28日(火)

一般社団法人日本損害保険協会では、「ぼうさい探検隊マップコンクール」作品の募集をしています。「ぼうさい探検隊」とは、防災・防犯・交通安全に関する施設や設備を見て回り、身の回りの安全・安心を考えながらマップにまとめ発表する実践的な安全教育プログラムです。地域の安全・安心に関するものをテーマに、小学生が複数(2人以上)で作成したマップが対象になります。
特に優れた作品には「文部科学大臣賞」「防災担当大臣賞」「消防庁長官賞」等の表彰を、また参加された児童全員に参加賞を差し上げます。応募締切は2020年11月4日(水)です。たくさんのご応募を心からお待ちしています。                        
詳細は、一般社団法人日本損害保険協会のホームページをご覧ください。
https://www.sonpo.or.jp/about/efforts/reduction/bousai_sp/

ニセ電話詐欺被害防止コールセンター事業(通称「まっ太くんコール」)について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年07月10日(金)

福岡県警察では、ニセ電話詐欺被害防止対策の一環として、令和2年7月10日から令和3年3月下旬まで(土・日・祝日、年末年始を除く)の間、ニセ電話詐欺被害防止コールセンターを開設し、詐欺グループ等から捜査の過程で押収した名簿に名前が登載されている方に対し、電話による注意喚起を行う事業を実施いたします。
注意喚起に際しましては、
○不審電話の有無の確認
○多発している手口とその対処方法の教示
○被害防止機器の購入の働きかけ
などを行う予定です。
コールセンターの電話で通知される発信者番号は「0120-89-1101」です。この電話番号以外から電話がかかってくることはありません。
また、コールセンターでは次のようなことは決して行いません。
・生年月日や家族構成等の個人情報をたずねる。
・通帳やキャッシュカード等のカード番号や暗証番号をたずねる。
・通帳やキャッシュカードを警察官や銀行職員に預けるように指示する。
・預金を引き出すように指示したり、別の口座に移すように指示する。
・自宅に伺う。
なお、コールセンターを名乗る電話で上記の問い合わせのような詐欺の疑いがある場合は、福岡県警察本部生活安全総務課(092-641-4141)か警察相談電話(#9110)までご連絡をお願いします。
福岡県警「まっ太くんコール」ウェブサイト
http://www.police.pref.fukuoka.jp/seian/seian/nisedenwasagi/callcenter.html

7月5日からの豪雨災害に便乗した悪質商法に注意!

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年07月09日(木)

昨今のような大雨等による災害が起こると、それに便乗した次のような悪質商法が発生することが考えられます。
・ 屋根裏の画像を見せられ、「早く工事をした方がいい。このまま放置すると雨漏りする」と不安をあおられ、契約を急がされた。
・ 「義援金を集めている」という人が来て、断ったがなかなか帰ってくれなかった。

悪質商法の被害に遭わないために、次のようなことに気を付けましょう。
○ 慌てずに家族や周囲に相談する
○ 義援金は確かな団体かどうかを確かめる
被害に遭いそうになった時、被害に遭ってしまった時は、すぐにお住まいの地域の消費生活センター等にご相談ください。

消費者ホットライン(最寄りの消費生活センター・相談窓口につながります)
(局番なし)188(いやや!)
福岡県消費生活センター ホームページ
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/shouhiseikatsu.html
豪雨災害に関する注意情報 県ホームページ
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/

【県民の皆様へ】引き続き、感染防止対策への取組みをお願いします。

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年06月27日(土)

福岡県では、急激に感染者が増加していた北九州市の感染状況が落ち着いたため、6月19日以降、全県的に外出自粛や休業要請を解除しました。 
今後は、感染の再拡大の防止を図りながら、社会経済活動のレベルを上げていくことが必要となります。
自分、家族、社会を守るため、県民、事業者の皆様に対して、次の取組みをお願いします。

<外出について>
・6月19日以降、北九州市民に対する県内外への不要不急の外出自粛要請を解除する。北九州市を含む全県において、北海道、埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県への移動についても6月19日より解除する。
・引き続き、外出の際には、目的地の感染状況に十分注意を払うこと。また、各人による感染防止策を徹底するとともに、感染防止策が不十分な場所への外出を避けること。

<新しい生活様式の実践>
感染拡大を予防する「新しい生活様式」である、マスク、手洗い、人との距離、三密の回避や、生活の各場面ごとの新しいスタイルについて、それぞれの日常生活に応じて実践を図ること。

※「新しい生活様式」とは、飛沫感染や接触感染、近距離での会話への対策をこれまで以上に取り入れた生活様式
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-new-customs.html

 ※気温・湿度が高い中でのマスクの着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあることから、「屋外で人と十分な距離(2m以上)を確保できる場合には、マスクを外す」、「周囲の人と十分な距離(2m以上)を確保できる場所で、マスクを一時的に外して休憩する」など、適宜マスクを外すことで、熱中症の予防を図ること

<催物(イベント等)の開催>
・催物の開催にあたっては、以下を目安として、徹底的な感染防止策を講じて開催すること。
【6月19日〜7月9日】
屋内:1000人以下、かつ収容定員の半分程度以内の参加人数
屋外:1000人以下、かつ人と人との距離を十分確保(できるだけ2m)
【7月10日〜7月31日】
屋内:5000人以下、かつ収容定員の半分程度以内の参加人数
屋外:5000人以下、かつ人と人との距離を十分確保(できるだけ2m)
【8月1日〜】
屋内:収容定員の半分程度以内の参加人数
屋外:人と人との距離を十分確保(できるだけ2m)
・全国的な人の移動を伴うような規模の大きなイベント(スポーツの試合等)については、6月19日以降、まずは無観客で開催し、7月10日以降は上記の要件に基づき開催すること。
・祭り、花火大会、野外フェスティバル等、人数の管理が困難な行事のうち、全国的又は広域的な人の移動が見込まれるものや、参加者の把握が困難なものについては、中止を含めて慎重に検討すること。なお、8月1日以降については開催も可能とするが、人と人との距離を十分確保(できるだけ2m)すること。
・地域で行われる盆踊り等、全国的又は広域的な人の移動が見込まれない行事であって、参加者がおおよそ把握できるものについては開催可能とする。
・リスクへの対応が整わない場合は、主催者は、中止又は延期などの慎重な対応を行うこと。

<施設の休業等>
・6月19日以降、北九州市内の接待を伴う飲食店、ライブハウスに対する休業要請を解除する。
・すべての施設について、開業する場合には、「四方を空けた席配置」、「客の入れ替え時の適切な消毒や清掃」など、施設類型ごとに示す適切な感染防止対策を確実に講ずること。
・国内においてクラスターが発生した施設については、厳重な感染防止策を講ずること。

<職場への出勤等>
在宅勤務(テレワーク)、ローテーション勤務、時差出勤、自転車通勤など、人との接触を低減すること。

<医療機関等への相談>
以下のいずれかに該当する場合には、「帰国者・接触者相談センター」へ相談すること。
•息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
•重症化しやすい方や妊婦の方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
•上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
発熱や咳など、風邪の症状があり、かかりつけ医を受診する際には、直接受診せず、必ず事前に電話で相談すること。
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html#a1-6

■福岡県新型コロナウイルス感染症一般相談窓口(24時間受付)
TEL:092-643-3288  FAX:092-643-3697

■県民の皆様向けの支援・相談窓口
 https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-support-individual.html

■事業者の皆様向けの支援・相談窓口
 https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-support-corporation.html

■福岡県の「新型コロナウイルス感染症」についての情報はポータルページをご覧ください。
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html

フィッシングサイトに要注意〜不在通知を装って口座情報を盗み取る!?〜

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年06月26日(金)

■荷物の不在通知を装った不審なSMS
「荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。」等と称したSMSを送り付け偽サイトに誘導して口座番号やパスワードなどの個人情報を入力させる手口が発生しています。

■被害を防ぐポイント!
荷物の不在通知に関するSMSなのに口座情報?!おかしいと思いませんか?
このようなSMS(メール)が届いたら、次のように対応しましょう。
○ メールの内容を安易に信用しない
○ メールに記載されているURLは開かない
○ 正しいウェブサイトのURLを登録するなどして正規サイトからアクセスしなおす
○ 不審なSMSが届いたときは受信拒否設定を活用する

福岡県警察本部サイバー犯罪対策課(092−641−4141)


小さな拠点形成促進事業補助金の募集について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年06月24日(水)

福岡県では、小さな拠点の形成を支援するため、標記補助金を設けています。
地域住民の方が地域の課題やその対策、役割分担、スケジュールについて合意形成を図るためのワークショップ等の開催経費や、これらを企画・運営する組織の立ち上げのための経費、将来に向けての地域の計画策定のための経費が対象です。

※「小さな拠点」とは、中山間地域等の集落生活圏(複数の集落を含む地域)において、安心して暮らしていく上で必要なサービスを受け続けられる環境を維持していくために、地域住民が、自治体や事業者、各種団体と協力・役割分担をしながら、各種生活支援機能を集約・確保したり、地域の資源を活用し、しごと・収入を確保する取組をいう。

1 補助金の名称:小さな拠点形成促進事業補助金
2 申請者:地域運営組織等の所在する市町村
3 事業実施主体:地域運営組織等
4 対象地域:過疎、振興山村、特定農山村、離島、辺地のいずれか又はこれらに準ずると認められる地域を含む地域
5 補助率:対象経費の1/2以内(上限1,000千円)
6 申請方法:ホームページより様式入手し、市町村を通じて必要書類を送付

詳細は県庁ホームページよりご確認ください。
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/chiisanakyoten.html
(担当課:企画・地域振興部市町村支援課 092−643−3302)

【県民の皆様へ】引き続き、感染防止対策への取組みをお願いします。

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年06月09日(火)

県民、事業者の皆様のご理解、ご協力により、5月14日、福岡県に対する緊急事態宣言が解除されましたが、5月23日以降、北九州市の感染者が増加している状況です。これまでの努力が水泡に帰すことがないよう、感染の拡大を食い止めながら、社会経済活動のレベルを上げていく必要があります。

県民一人一人が、自分、家族、社会を守る行動をとっていく必要があります。県民、事業者の皆様に対して、次の取組みをお願いします。

<外出の自粛>
・6月1日以降、不要不急の外出要請を解除する。都道府県をまたぐ帰省や旅行も可能となるが、6月18日まで、北海道、埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県への移動は慎重に対応すること。
・県内の他の地域への移動は、当該地域の感染状況を踏まえ、慎重に対応すること。
・北九州市民は、当分の間、県内外への不要不急の外出を控えること。
・外出の際には、各人による感染防止策を徹底するとともに、感染防止策が不十分な場所への外出を避けること。

<新しい生活様式の実践>
感染防止の3つの基本である(1)「身体的距離の確保」、(2)「マスクの着用」、(3)「手洗い」など、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の実践を図ること。
※「新しい生活様式」とは、「三つの密」の回避、手洗い・消毒、マスク、咳エチケット、人と人との距離の確保、「外出は少人数ですいた時間に」、「食事は対面でなく横並びで」など、飛沫感染や接触感染、近距離での会話への対策をこれまで以上に取り入れた生活様式
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-new-customs.html

<催物(イベント等)の開催>
・催物の開催にあたっては、以下を目安として、徹底的な感染防止策を講じて開催すること。
【〜6月18日】
屋内:100人以下、かつ収容定員の半分程度以内の参加人数
屋外:200人以下、かつ人と人との距離を十分確保(できるだけ2m)
【6月19日〜7月9日】
屋内:1000人以下、かつ収容定員の半分程度以内の参加人数
屋外:1000人以下、かつ人と人との距離を十分確保(できるだけ2m)
【7月10日〜7月31日】
屋内:5000人以下、かつ収容定員の半分程度以内の参加人数
屋外:5000人以下、かつ人と人との距離を十分確保(できるだけ2m)
【8月1日〜】
屋内:収容定員の半分程度以内の参加人数
屋外:人と人との距離を十分確保(できるだけ2m)

・全国的な人の移動を伴うような規模の大きなイベント(スポーツの試合等)については、6月19日以降、まずは無観客で開催し、7月10日以降は上記の要件に基づき開催すること。
・祭り、花火大会、野外フェスティバル等、人数の管理が困難な行事のうち、全国的又は広域的な人の移動が見込まれるものや、参加者の把握が困難なものについては、中止を含めて慎重に検討すること。なお、8月1日以降については開催も可能とするが、人と人との距離を十分確保(できるだけ2m)すること
・地域で行われる盆踊り等、全国的又は広域的な人の移動が見込まれない行事であって、参加者がおおよそ把握できるものについては開催可能とする。
・リスクへの対応が整わない場合は、主催者は、中止又は延期などの慎重な対応を行うこと。
・北九州市内における催物(イベント等)については、6月18日まで開催を自粛すること。

<施設の休業等>
・6月1日以降、休業要請は解除する。
・北九州市内に所在する施設のうち、これまで国内においてクラスターが発生し、特に感染リスクの高い接待を伴う飲食店(接待を伴う飲食店は、キャバレー、ナイトクラブ、スナック、バー、パブ等の名称にかかわらず、客の接待を伴うものが対象)、ライブハウスについては、6月18日まで、休業について協力を要請する。
・すべての施設について、開業する場合には、「四方を空けた席配置」、「客の入れ替え時の適切な消毒や清掃」など、施設類型ごとに示す適切な感染防止対策を確実に講ずること。
・国内においてクラスターが発生した施設については、厳重な感染防止策を講ずること。

<職場への出勤等>
在宅勤務(テレワーク)、ローテーション勤務、時差出勤、自転車通勤など、人との接触を低減すること。

<医療機関等への相談>
以下のいずれかに該当する場合には、「帰国者・接触者相談センター」へ相談すること。
•息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
•重症化しやすい方や妊婦の方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
•上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
発熱や咳など、風邪の症状があり、かかりつけ医を受診する際には、直接受診せず、必ず事前に電話で相談すること。
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html#a1-6

■福岡県新型コロナウイルス感染症一般相談窓口(24時間受付)
TEL:092-643-3288  FAX:092-643-3697

■県民の皆様向けの支援・相談窓口
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-support-individual.html

■事業者の皆様向けの支援・相談窓口
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-support-corporation.html

■福岡県の「新型コロナウイルス感染症」についての情報はポータルページをご覧ください。
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html


新型コロナウイルス感染症の拡大防止に配慮した登下校時の見守り活動について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年06月03日(水)

本県に対する緊急事態措置が解除されたことを踏まえ、5月18日以降、県内各地で学校等での教育活動が再開されているところです。

それに伴い、登下校時の見守り活動等を再開された防犯団体も多くあると思いますが、見守り活動等を行う際には、新型コロナウイルス感染症の感染予防と拡大防止のために国が示した「新しい生活様式」を参考にし、人と人との距離(ソーシャルディスタンス)の確保や近距離での会話を行わないなど、飛沫感染や接触感染への対策をこれまで以上に心がけるようお願いします。

〜県では、日常の生活の中で取り組める「ながら防犯」活動を推奨しています。〜
◎「ながら防犯」とは
http://www.anzen-fukuoka.jp/local/nagara_bohan.html
(安全・安心まちづくりホームページ)

医療従事者を支援するための寄付を募ります

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年05月25日(月)

福岡県においては、医療の最前線で奮闘されている医療従事者の方々に対し、感謝と応援の気持ちをこめて「福岡県新型コロナウイルス医療従事者応援金」お渡ししたいと考え、5月11日から寄附口座を開設し、寄附を募っております。

皆様一人一人のあたたかい応援が医療を支える方々の大きな励み、力となります。皆様のご協力をお願いたします。
○福岡県ホームページ:https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/m-cheering.html

【県民の皆様へ】引き続き、感染予防対策への取組みをお願いします。

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年05月22日(金)

県民、事業者の皆様のご理解、ご協力により、5月14日、福岡県に対する緊急事態宣言が解除されましたが、これからが感染の再拡大の防止と社会経済活動のレベルを上げ、コロナと向き合っていく新しいスタートとなります。
県民一人一人が、自分、家族、社会を守る行動をとっていく必要があります。県民、事業者の皆様に対して、改めて次の取組みをお願いします。

<外出の自粛>
・「人との接触を8割減らす」ことを意識し、不要不急の外出を控える。とりわけ、これまでクラスターが発生している施設、「三つの密」のある場所への外出を避けること
・緊急事態措置の対象都道府県をはじめ、県を越えての不要不急の帰省や旅行などの移動は、避けること

<新しい生活様式の実践>
感染防止の3つの基本である(1)「身体的距離の確保」、(2)「マスクの着用」、(3)「手洗い」など、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の実践を図ること。
※「新しい生活様式」とは、「三つの密」の回避、手洗い・消毒、マスク、咳エチケット、人と人との距離の確保、「外出は少人数ですいた時間に」、「食事は対面でなく横並びで」など、飛沫感染や接触感染、近距離での会話への対策をこれまで以上に取り入れた生活様式
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-new-customs.html

<催物(イベント等)の開催>
催物の開催にあたっては、適切な感染防止対策を講ずること。
全国的かつ大規模な催物等の開催において、リスクへの対応が整わない場合は、主催者は、中止又は延期などの慎重な対応を行うこと。

<施設の休業等>
・国内においてクラスターが発生した施設(キャバレー、ナイトクラブ等の接待を伴う飲食店、バー(客の接待を伴わないものは除く)、カラオケボックス、ライブハウス、スポーツジム、スポーツ教室)については、5月15日〜31日の間、休業について協力を要請。
・上記以外の飲食店をはじめとする施設については、開業する場合には、「四方を空けた席配置」、「客の入れ替え時の適切な消毒や清掃」など、施設類型ごとに示す適切な感染防止対策を確実に講ずること。

<職場への出勤等>
在宅勤務(テレワーク)、ローテーション勤務、時差出勤、自転車通勤など、人との接触を低減すること。

<医療機関等への相談>
少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、「帰国者・接触者相談センター」へ相談すること。
•息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
•重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合や妊婦の方
•上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ず相談のこと)
発熱や咳など、風邪の症状があり、かかりつけ医を受診する際には、直接受診せず、必ず事前に電話で相談すること。
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html#a1-6

■福岡県新型コロナウイルス感染症一般相談窓口(24時間受付)
TEL:092-643-3288  FAX:092-643-3697

■県民の皆様向けの支援・相談窓口
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-support-individual.html

■事業者の皆様向けの支援・相談窓口
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-support-corporation.html
 
■福岡県の「新型コロナウイルス感染症」についての情報はポータルページをご覧ください。
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html

学校等の再開に伴う防犯活動について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年05月16日(土)

本県に対する緊急事態が解除されたことを踏まえ、5月18日(月)以降、地域によって学校等での教育活動が再開されます。

それに伴い、登下校時の見守り活動等を再開される防犯団体が多くあると思います。見守り活動等を行う際は、各地域の状況にあわせて、可能な限り密を回避するなど、感染予防と拡大防止に努めていただくとともに、日常生活における「ながら防犯」も活用するなど、無理のない範囲でお願いします。

なお、5月22日(金)までの間は「分散登校」形式となっており、休校前に比べ、登下校の子どもたちの人数が少なくなることや、時間帯が変更になる可能性がありますので、各地域においてご確認をお願いします。

〜県では、日常の生活の中で取り組める「ながら防犯」活動を推奨しています。〜
◎「ながら防犯」とは
http://www.anzen-fukuoka.jp/local/nagara_bohan.html
(安全・安心まちづくりホームページ)

特別定額給付金に関連した詐欺に注意!

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年05月02日(土)

特別定額給付金の給付に便乗した詐欺と思われる事案が全国で発生しています。県内でも「特別定額給付金の受け取りを代行できる。身分証明書や口座番号を教えてほしい」などと言って町役場の代行をかたる男が訪問する事例が確認されています。
 
県や市町村、総務省等の行政機関が口座番号や暗証暗号等を電話や訪問、メールで問い合わせることはありません。

あやしい・おかしいと思った場合は、迷わずに最寄りの消費生活センターや警察署等に相談してください。

問合せ先
新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン
0120−213−188

【県民の皆様へ】連休中もご協力をお願いします〜SAVE FUKUOKA!SAVE JAPAN!〜

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年04月24日(金)

まもなく大型連休です。
県民の皆様には、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、これまで以上に人と人との接触を避けていただきますよう、ご協力をお願いします。
〇不要不急の外出、特に遠出(帰省なども含む)を控えましょう!
〇密閉、密集、密接の3つの「密」を避けましょう!
〇手洗い・咳エチケットに努めましょう!
〇周りの人との距離を確保しましょう!

■小川知事など福岡県内の6首長が県民の皆様に向けて、リレーメッセージを発信。
コロナに打ち勝とう!
リレーメッセージ動画はこちら↓
http://webtv.pref.fukuoka.lg.jp/ja/movies/detail/3961

感染の拡大を一刻も早く食い止めるためには、今が大変重要な時期です。
一人一人の行動が自分自身、家族、周りの人の命を守り、福岡とこの日本の国を救います。
ぜひ、ご理解のうえ、ご協力いただきますようお願いします。

■福岡県の「新型コロナウイルス感染症」についての情報はポータルページをご覧ください。
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html

■新型コロナウイルス感染症に関する主な相談窓口
〇一般的な相談
福岡県新型コロナウイルス感染症一般相談窓口
TEL:092-643-3288  FAX:092-643-3697
受付:24時間

〇帰国者・接触者相談センター
以下の症状がある人は、地域の「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている
・強いだるさや息苦しさがある
※高齢者や基礎疾患などがある人は、上記の症状が2日程度続く場合
※地域の帰国者・接触者相談センターはこちら↓
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html#a1-6

〇休業や失業などにより生活資金でお悩みの人への特例貸付の相談
個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター<厚生労働省>
TEL:0120-46-1999
受付:9:00〜21:00

〇休暇、休業、解雇等の労働に関する相談
新型コロナウイルス感染症の影響による特別労働相談窓口<福岡県労働者支援事務所>
TEL:(福岡)092-735-6149、(北九州)093-967-3945、(筑後)0942-30-1034、(筑豊)0948-22-1149
受付:平日8:30〜17:15
※連休中は、5/4〜5/6にお電話での相談を受け付けます(10:00〜16:00)

〇中小企業・小規模事業者の経営や資金繰りなどに関する相談
フリーダイヤル経営相談窓口
TEL:0120-567-179
受付:9:00〜17:00

新型コロナウイルス感染症の拡大に乗じた詐欺事件に注意!

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年04月23日(木)

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、これらに乗じ、「国民の皆様への現金給付が決定した件でご案内」「給付金10万円配布」などと、あたかも総務省が実施する「特別定額給付金(仮称)事業」と思わせる偽のメールが送信されています。

当該メールに記載されているURLにアクセスすると、偽サイトに誘導され、入力した個人情報を盗み取られるおそれがあります。

被害を防止するためには
●メールの内容を安易に信用しない
●記載されたURLにアクセスしない
●家族や周囲の人に相談する
をお願いします。
 
※特別定額給付金(仮称)事業につきましては、総務省ウェブサイトをご確認ください。
  https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html

問合せ先
福岡県警察本部生活安全総務課
092−641−4141

県民の皆さまへ

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年04月16日(木)

〇本県では、県民の皆様の生命と健康を守ることを最優先に、感染とその拡大防止のため、4月7日の「緊急事態宣言」を受け、それまでの週末の不要不急の外出自粛、夜間における接客を伴う飲食店、繁華街への外出の自粛等に加え、生活維持に必要な場合を除いた外出自粛等について、県民の皆様へお願いしてまいりました。

〇しかしながら、現在の感染動向を踏まえると、これまでの外出自粛の取組みに加え、人と人との接触の機会をさらに徹底的に低減する取組みが必要です。

〇感染の拡大を一刻も早く食い止めるためには、今が大変重要な時期であり、県民の皆様の命と健康がかかっています。県民一人一人の行動が家族をはじめ、周りの人の命を守り、私たちのふるさととこの日本の国を守ることになります。

〇事業者の皆様、そして県民の皆様には、大変なご不便、ご迷惑をおかけしますが、下記のとおり、事業者の皆様に対し、休業等についてご協力いただくよう要請することといたしました。

〇県民の皆様一人一人の行動で、事態が収束に向かうか否か決まっていきます。ぜひ、ご理解のうえ、ご協力いただきますようお願いします。

【要請等の概要】
<区域>福岡県全域
<期間>令和2年4月14日(火曜日)から5月6日(水曜日)まで
<基本的に休止を要請する施設>
新型インフルエンザ等対策特別措置法施行令第11条に規定する施設のうち、社会生活を維持する上で必要な施設等を除いた施設
※上記に該当しないが、使用停止が望ましい施設についても、特措法によらない施設の使用停止の協力を依頼

〇詳しくは、県ホームページをご覧ください。
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid19emergency-details.html

〇休業要請等に関する相談は、下記の専用ダイヤルで対応しています。
福岡県新型コロナウイルス感染症一般相談窓口(24時間対応)
TEL 092−643−3288
FAX 092−643−3697

「緊急事態宣言」下における防犯活動について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年04月09日(木)

4月7日、国は、福岡県に対し「緊急事態宣言」を行いました。
これを受けて、5月6日までの間、本県では緊急事態措置として、県民の皆さまに不要不急の外出自粛を要請しているところです。

そのような状況下ではございますが、子どもたちが外出してしまい、事件・事故に巻き込まれる可能性も否定できません。各団体の皆さまにおかれましては、買い物など生活の維持に必要な場合の外出時に、無理なく単独でも実施できる「ながら防犯」にご協力いただきますようお願いします。

なお、青パト活動を実施される場合は、「マスク着用」「アルコール消毒」「窓を開ける」などの感染予防を徹底していただくようお願いします。

〜県では、日常の生活の中で取り組める「ながら防犯」活動を推奨しています。〜
◎「ながら防犯」とは
http://www.anzen-fukuoka.jp/local/nagara_bohan.html
(安全・安心まちづくりホームページ)

県民の皆さまへお願い

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年04月08日(水)

4月7日、国は、福岡県に対し「緊急事態宣言」を行いました。
これを受けて、5月6日までの間、緊急事態措置を実施していくこととします。
県民の皆さまにおかれては、以下の点にご協力願いします。

〇生活の維持に必要な場合を除き、外出を控えること
※生活の維持に必要な場合とは、医療機関への通院、食料、医薬品、生活必需品の買い出し、職場への出勤、屋外での運動や散歩などをいいます。

〇不要不急の帰省や旅行など、県をまたいでの移動を極力避けること
※なお、都市封鎖(ロックダウン)とは異なるものです。

〇集団感染のリスクを高める3条件、「密閉」、「密集」、「密接」が同時に重なること回避してください

〇手洗いの励行や咳エチケットに努めること

〇飲食料品や生活必需品の小売店等生活に必要な事業は継続されるため、食料・医薬品や生活必需品の買い占め等をしないこと

〇新型コロナウイルスの感染症を疑った場合は、保健所に設置している「帰国者・接触者相談センター」へ電話で相談してください

詳しくは県ホームページ「新型コロナウイルス感染拡大にかかる緊急事態措置について」
(https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid19emergency-details.html)をご覧ください。

防犯ボランティア活動の開始を応援します(福岡県安全・安心まちづくり団体事業補助金)

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年04月08日(水)

福岡県では、県民が自主的に組織する団体(自治会、PTA、ボランティア団体等)が防犯活動(パトロール、通学児童の見守り等)を新たに開始し又は拡充するために必要な経費の一部に補助金を交付しています。
この度、令和2年度におけるその交付申請の募集を開始しましたので、その概略を以下にお知らせします。
補助金で購入等することができるもの:防犯活動用の帽子、ベスト、ジャンパー、腕章、タスキ、パトロール車両用のステッカー、のぼり旗。また、パトロールカードやわんわんパトロール用リード、エコバッグ等の「ながら防犯」活動用品等
補助金の交付額(上限):1団体当たり10万円
補助金の交付対象数:30団体程度(審査の結果により申請団体の中から選ばれます。)
申請方法:申請書、事業計画書、収支計算書、団体調書その他の必要書類一式を市町村の防犯担当課に提出する方法。なお、県に対しては市町村から適切な申請の推薦が行われます。
申請書類の様式:ウェブサイト「福岡県の安全・安心まちづくり」の関係ページ(http://www.anzen-fukuoka.jp/pref/assist/)からダウンロードするか(注1)、又はお住まいの市町村の防犯担当課でも入手することができます。
申請の締切り:県における締切日は令和2年5月29日(金)です。ただし、市町村における申請の受付けは当該市町村が定める同日以前の日が締切日になりますので注意してください。
その他詳細:前記ウェブページを御覧ください。また、県(注2)もしくはお住まいの市町村の防犯担当課にお尋ねになることもできます。
(注1)インターネット等の通信には利用料金が掛かることがあります。
(注2)福岡県 人づくり・県民生活部 生活安全課 地域防犯推進係(福岡市博多区東公園7番7号/電話092-643-3124/ファクス092-643-3169/電子メールanzen@pref.fukuoka.lg.jp)

県民の皆さまへ【STOP!!新型コロナ(一人一人ができること)】

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年04月03日(金)

福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部からのお知らせです。
県内で新型コロナウイルスの感染が拡大しています。
県民の皆さまにおかれましては、以下の点についてご協力をよろしくお願いいたします。

・手洗いや咳エチケットに努めてください
・新型コロナウイルスの感染症を疑った場合は、保健所に設置している「帰国者・接触者相談センター」へ電話で相談してください
・発熱や咳など、風邪の症状があり、かかりつけ医を受診する際には、直接受診せず、 必ず事前に電話で相談してください
・集団感染のリスクを高める3条件、「密閉」、「密集」、「密接」が同時に重なることを回避してください
・普段からできる限り人ごみを避け、今週から19日までの週末(4・5日、11・12日、18・19日)は不要不急の外出は控えてください
・首都圏や関西など感染が拡大している地域への不要不急の往来は控えてください
・海外の渡航について、外務省が73の国・地域に対し「渡航はやめてください。(渡航中止勧告)」を出しており、その他のすべての国・地域について、「不要不急の渡航は止めてください」としているので、それに従ってください

詳しくは県ホームページ「新型コロナウイルス感染症ポータルページ」(https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html)をご覧ください。

新型コロナウイルスに乗じた犯罪に注意!!

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2020年03月30日(月)

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、これら状況に乗じ、「マスクを無料送付する」など、利用者の心理につけ込んだ内容のメールが国内で確認されています。
メールに記載されたリンク先にアクセスすると、住所、氏名やクレジットカード番号などの個人情報の入力を求める偽サイトが開き、入力した情報が盗み取られてしまいます。
今後、福岡県内においても同様のメールが拡散するおそれがあるので、注意してください。

被害を防ぐためには・・・
●心当たりのないメールやSMS(ショートメッセージ)は開かない
●メールやSMSの内容を安易に信用しない
●メールやSMSに記載されたリンクは安易に開かない

参考リンク 日本サイバー犯罪対策センター
https://www.jc3.or.jp/topics/newmodel_coronavirus.html

福岡県警察本部サイバー犯罪対策課(092−641−4141)

  • 地区防犯情報
  • 地域防犯活動団体登録制度