文字サイズ

あんあんネットふくおか

あんあんメールバックナンバー

あんあんメールでは、下記のような情報を配信しています。

県、県警察、市町村からの
(1)地域防犯活動団体の活動を支援するための情報
(2)防犯の啓発情報等の安全・安心まちづくりに関する情報

地域防犯活動団体からの
(3)イベント情報、合同活動の呼びかけなど他の団体へのお知らせ

ご希望のバックナンバーを選択してください

月別バックナンバー

配信元別バックナンバー

配信地区別バックナンバー

バックナンバーをすべて表示する

全てのバックナンバー

まん延防止等重点措置の解除と今後の対応について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年07月09日(金)

本県が緊急事態措置からまん延防止等重点措置に移行した6月21日以降、新規陽性者数や病床使用率等は大きく改善し、国の分科会が示すステージ判断指標のすべてがステージ2相当以下となりました。
政府対策本部は、本県を含む5道府県について、7月11日をもってまん延防止等重点措置を実施すべき区域から解除することを決定したため、県においてもこれまでの「不要不急の外出自粛」「飲食店の営業時間短縮」の要請を解除することとしました。
これもひとえに、不要不急の外出自粛や営業時間の短縮などの厳しい要請にも関わらず、多くの県民及び事業者の皆様に御理解と御協力をいただいたおかげであり、深く感謝申し上げます。
しかしながら、変異株の脅威や、本県との往来が多い東京や大阪における感染拡大傾向が見られることなどから、7月12日以降も、引き続き、県民や事業者の皆様には以下のとおり要請します。

(1)県民の皆さま
・外出にあたっては、目的地の感染状況や利用する施設の感染防止対策をよく確認してください。
・緊急事態措置区域やまん延防止等重点措置区域の都道府県との不要不急の移動は、極力控えてください。

(2)事業者の皆さま
・飲食店等は感染防止対策を徹底し、利用客に、会話の際はマスク着用や大声での会話を控えるよう促してください。
・在宅勤務、時差出勤等人との接触を低減する取組を推進してください。

くわしくは、福岡県ホームページをご覧ください。
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html

まん延防止等重点措置の解除と今後の対応について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年07月09日(金)

本県が緊急事態措置からまん延防止等重点措置に移行した6月21日以降、新規陽性者数や病床使用率等は大きく改善し、国の分科会が示すステージ判断指標のすべてがステージ2相当以下となりました。
政府対策本部は、本県を含む5道府県について、7月11日をもってまん延防止等重点措置を実施すべき区域から解除することを決定したため、県においてもこれまでの「不要不急の外出自粛」「飲食店の営業時間短縮」の要請を解除することとしました。
これもひとえに、不要不急の外出自粛や営業時間の短縮などの厳しい要請にも関わらず、多くの県民及び事業者の皆様に御理解と御協力をいただいたおかげであり、深く感謝申し上げます。
しかしながら、変異株の脅威や、本県との往来が多い東京や大阪における感染拡大傾向が見られることなどから、7月12日以降も、引き続き、県民や事業者の皆様には以下のとおり要請します。

(1)県民の皆さま
・外出にあたっては、目的地の感染状況や利用する施設の感染防止対策をよく確認してください。
・緊急事態措置区域やまん延防止等重点措置区域の都道府県との不要不急の移動は、極力控えてください。

(2)事業者の皆さま
・飲食店等は感染防止対策を徹底し、利用客に、会話の際はマスク着用や大声での会話を控えるよう促してください。
・在宅勤務、時差出勤等人との接触を低減する取組を推進してください。

くわしくは、福岡県ホームページをご覧ください。
   https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html

まん延防止等重点措置の解除と今後の対応について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年07月09日(金)

本県が緊急事態措置からまん延防止等重点措置に移行した6月21日以降、新規陽性者数や病床使用率等は大きく改善し、国の分科会が示すステージ判断指標のすべてがステージ2相当以下となりました。
政府対策本部は、本県を含む5道府県について、7月11日をもってまん延防止等重点措置を実施すべき区域から解除することを決定したため、県においてもこれまでの「不要不急の外出自粛」「飲食店の営業時間短縮」の要請を解除することとしました。
これもひとえに、不要不急の外出自粛や営業時間の短縮などの厳しい要請にも関わらず、多くの県民及び事業者の皆様に御理解と御協力をいただいたおかげであり、深く感謝申し上げます。
しかしながら、変異株の脅威や、本県との往来が多い東京や大阪における感染拡大傾向が見られることなどから、7月12日以降も、引き続き、県民や事業者の皆様には以下のとおり要請します。

(1)県民の皆さま
・外出にあたっては、目的地の感染状況や利用する施設の感染防止対策をよく確認してください。
・緊急事態措置区域やまん延防止等重点措置区域の都道府県との不要不急の移動は、極力控えてください。

(2)事業者の皆さま
・飲食店等は感染防止対策を徹底し、利用客に、会話の際はマスク着用や大声での会話を控えるよう促してください。
・在宅勤務、時差出勤等人との接触を低減する取組を推進してください。

くわしくは、福岡県ホームページをご覧ください。
  https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html

まん延防止等重点措置の解除と今後の対応について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年07月09日(金)

本県が緊急事態措置からまん延防止等重点措置に移行した6月21日以降、新規陽性者数や病床使用率等は大きく改善し、国の分科会が示すステージ判断指標のすべてがステージ2相当以下となりました。
政府対策本部は、本県を含む5道府県について、7月11日をもってまん延防止等重点措置を実施すべき区域から解除することを決定したため、県においてもこれまでの「不要不急の外出自粛」「飲食店の営業時間短縮」の要請を解除することとしました。
これもひとえに、不要不急の外出自粛や営業時間の短縮などの厳しい要請にも関わらず、多くの県民及び事業者の皆様に御理解と御協力をいただいたおかげであり、深く感謝申し上げます。
しかしながら、変異株の脅威や、本県との往来が多い東京や大阪における感染拡大傾向が見られることなどから、7月12日以降も、引き続き、県民や事業者の皆様には以下のとおり要請します。

(1)県民の皆さま
・外出にあたっては、目的地の感染状況や利用する施設の感染防止対策をよく確認してください。
・緊急事態措置区域やまん延防止等重点措置区域の都道府県との不要不急の移動は、極力控えてください。

(2)事業者の皆さま
・飲食店等は感染防止対策を徹底し、利用客に、会話の際はマスク着用や大声での会話を控えるよう促してください。
・在宅勤務、時差出勤等人との接触を低減する取組を推進してください。

くわしくは、福岡県ホームページをご覧ください。  
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html

まん延防止等重点措置の解除と今後の対応について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年07月09日(金)

本県が緊急事態措置からまん延防止等重点措置に移行した6月21日以降、新規陽性者数や病床使用率等は大きく改善し、国の分科会が示すステージ判断指標のすべてがステージ2相当以下となりました。
政府対策本部は、本県を含む5道府県について、7月11日をもってまん延防止等重点措置を実施すべき区域から解除することを決定したため、県においてもこれまでの「不要不急の外出自粛」「飲食店の営業時間短縮」の要請を解除することとしました。
これもひとえに、不要不急の外出自粛や営業時間の短縮などの厳しい要請にも関わらず、多くの県民及び事業者の皆様に御理解と御協力をいただいたおかげであり、深く感謝申し上げます。
しかしながら、変異株の脅威や、本県との往来が多い東京や大阪における感染拡大傾向が見られることなどから、7月12日以降も、引き続き、県民や事業者の皆様には以下のとおり要請します。

(1)県民の皆さま
・外出にあたっては、目的地の感染状況や利用する施設の感染防止対策をよく確認してください。
・緊急事態措置区域やまん延防止等重点措置区域の都道府県との不要不急の移動は、極力控えてください。

(2)事業者の皆さま
・飲食店等は感染防止対策を徹底し、利用客に、会話の際はマスク着用や大声での会話を控えるよう促してください。
・在宅勤務、時差出勤等人との接触を低減する取組を推進してください。

くわしくは、福岡県ホームページをご覧ください。
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html

まん延防止等重点措置の解除と今後の対応について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年07月09日(金)

本県が緊急事態措置からまん延防止等重点措置に移行した6月21日以降、新規陽性者数や病床使用率等は大きく改善し、国の分科会が示すステージ判断指標のすべてがステージ2相当以下となりました。
政府対策本部は、本県を含む5道府県について、7月11日をもってまん延防止等重点措置を実施すべき区域から解除することを決定したため、県においてもこれまでの「不要不急の外出自粛」「飲食店の営業時間短縮」の要請を解除することとしました。
これもひとえに、不要不急の外出自粛や営業時間の短縮などの厳しい要請にも関わらず、多くの県民及び事業者の皆様に御理解と御協力をいただいたおかげであり、深く感謝申し上げます。
しかしながら、変異株の脅威や、本県との往来が多い東京や大阪における感染拡大傾向が見られることなどから、7月12日以降も、引き続き、県民や事業者の皆様には以下のとおり要請します。

(1)県民の皆さま
・外出にあたっては、目的地の感染状況や利用する施設の感染防止対策をよく確認してください。
・緊急事態措置区域やまん延防止等重点措置区域の都道府県との不要不急の移動は、極力控えてください。

(2)事業者の皆さま
・飲食店等は感染防止対策を徹底し、利用客に、会話の際はマスク着用や大声での会話を控えるよう促してください。
・在宅勤務、時差出勤等人との接触を低減する取組を推進してください。

くわしくは、福岡県ホームページをご覧ください。
 https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html

小学生のぼうさい探検隊マップコンクール作品募集中!

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年07月08日(木)

一般社団法人日本損害保険協会では、「ぼうさい探検隊マップコンクール」作品の募集をしています。「ぼうさい探検隊」とは、防災・防犯・交通安全に関する施設や設備を見て回り、身の回りの安全・安心を考えながらマップにまとめ発表する実践的な安全教育プログラムです。地域の安全・安心に関するものをテーマに、小学生が複数(2人以上)で作成したマップが対象になります。
マップの作成が手軽にできるアプリを搭載したタブレット端末の無料貸出も行っています。
応募締切は2021年11月4日(木)です。たくさんのご応募を心からお待ちしています。                        
詳細は、当協会のホームページをご覧ください。       

https://www.sonpo.or.jp/about/efforts/reduction/bousai_sp/

小学生のぼうさい探検隊マップコンクール作品募集中!

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年07月08日(木)

一般社団法人日本損害保険協会では、「ぼうさい探検隊マップコンクール」作品の募集をしています。「ぼうさい探検隊」とは、防災・防犯・交通安全に関する施設や設備を見て回り、身の回りの安全・安心を考えながらマップにまとめ発表する実践的な安全教育プログラムです。地域の安全・安心に関するものをテーマに、小学生が複数(2人以上)で作成したマップが対象になります。
マップの作成が手軽にできるアプリを搭載したタブレット端末の無料貸出も行っています。
応募締切は2021年11月4日(木)です。たくさんのご応募を心からお待ちしています。                        
詳細は、当協会のホームページをご覧ください。       

https://www.sonpo.or.jp/about/efforts/reduction/bousai_sp/

「令和3年度犯罪被害者等支援に関する県民アンケート調査」に御協力ください

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年06月18日(金)

県では、平成30年に制定した「福岡県犯罪被害者等支援条例」と、同年に策定した「犯罪被害者等支援計画」に基づいて犯罪被害者等の支援を進めています。現在の計画の期間が令和3年度までであり、次期計画の策定について検討を進めているところです。

犯罪被害者御本人やその御家族、御遺族の多くは、犯罪等による直接的な被害にとどまらず、その後も精神的負担、身体的負担、経済的負担などの被害に直面されています。

誰もが犯罪被害者等となる可能性がある中、県では次期計画をはじめとした今後の犯罪被害者等に対する支援施策に役立てるため、下記のとおり、県民の皆様へアンケート調査を実施します。
ぜひ、皆様の御協力をお願いします。

○受付期間:令和3年6月21日(月曜日)から令和3年7月21日(水曜日)まで

○回答方法:パソコン、スマートフォン又は携帯電話から御回答ください。

https://www.shinsei.elg-front.jp/fukuoka/uketsuke/form.do?acs=higaisyashienenquete2021

緊急事態措置からまん延防止等重点措置への移行について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年06月18日(金)

福岡県は、6月20日をもって緊急事態措置の解除が決定されたものの、政府対策本部は本県をまん延防止等重点措置を実施すべき区域とし、その期間を6月21日から7月11日までとすることを決定しました。従来株に比べて感染性の強い変異株にほぼ置き換わっていること、デルタ株など新たな変異株の脅威もあることから、人と人との接触機会を減らすことにより、ステージ2相当以下になるまで感染をしっかり抑え込み、早期の感染再拡大を十分に警戒する必要があります。特に感染リスクが高いとされる飲食の場において感染を抑え込むことが重要であるため、大規模な繁華街を抱え、県内の飲食店の約8割が集中するなど、他地域との交流が盛んな福岡市、北九州市及び久留米市においては、まん延防止等重点措置区域とするとともに、その他の地域においても必要な措置を継続することといたしました。
皆様には、引き続き御不便と御苦労をおかけしますが、御協力をお願いします。

詳しくは、福岡県ホームページをご確認ください。

      https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html

緊急事態措置の延長について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年05月31日(月)

福岡県では、新規陽性者数は高い水準で推移しています。また、従来株に比べて感染性が強い変異株にほぼ置き換わり、感染収束に至るまでの期間が長期化する傾向が見込まれるため、引き続き人出を抑える必要があります。医療提供体制については、医療機関への負荷が大きい状態が継続しています。
これらの状況に鑑み、県では、国の基本的対処方針に基づき、県民及び事業者の皆様への要請についても、期間を6月20日まで延長します。
県民の皆様には、生活や健康の維持に必要な場合を除いた不要不急の外出・移動の自粛などを引き続き要請します。
また、飲食店等には休業要請及び営業時間の短縮を、事業者の皆様には、出勤者数のさらなる削減を、集客施設には営業時間の短縮などを引き続き要請します。

県民及び事業者の皆様には、御不便と御苦労をおかけしますが、一日でも早く緊急事態措置が解除できるよう、御協力をお願いします。

詳しくは、福岡県ホームページをご確認ください。

https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html

緊急事態措置の強化について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年05月21日(金)

福岡県では、ゴールデンウィークを「特別集中期間」として不要不急の外出自粛を呼び掛けたことや、5月12日から緊急事態措置を開始したことなどにより、繁華街への人出については、平日、土日ともに減少が見られますが、1回目の緊急事態宣言時と比べると、大幅に増加しています。加えて、今回の感染の波は前回の波を大きく上回っており、従来株に比べて感染性が強い変異株への置き換わりが進んでいることから、より一層人出を減らす必要があります。
このため、これまでの措置に加えて、新たに、集客施設を対象として、土日の休業を要請するとともに、すべての事業者の皆様に対して、在宅勤務(テレワーク)等の活用による出勤者数のさらなる削減をお願いすることなどにより、感染の封じ込めを徹底していくこととします。
これまで以上に、厳しい措置をお願いすることになりますが、一日も早く緊急事態措置から脱却できるよう、御協力をお願いいたします。また、関係機関などへの周知につきましても御協力をいただきますようあわせてお願いいたします。
 
■福岡県の「新型コロナウイルス感染症」に関する情報については下記URLをご覧ください。
○県内における新型コロナウイルス感染症の感染動向
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid19-hassei.html

○新型コロナウイルス感染症ポータルページ
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html

緊急事態措置の実施について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年05月08日(土)

福岡県が、九州・山口地域に及ぼす影響が大きく、広域的な感染拡大の防止を図るため、昨日、政府対策本部は、新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条第3項に基づき、本県を緊急事態措置を実施すべき区域とし、その期間については、5月12日から5月31日までとすることを決定しました。県では、今回定められた国の新しい基本的対処方針に基づき、緊急事態措置を決定し、徹底することにより感染の封じ込めを図っていくこととします。
主な要請内容は以下のとおりです。県民及び事業者の皆さまには、引き続きご不便とご苦労をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

(1) 県民の皆さま
・生活や健康の維持に必要な場合を除き、日中も含めた不要不急の外出・移動を自粛してください。特に20時以降の不要不急の外出自粛を徹底してください。
・感染対策が徹底されていない飲食店等や休業要請又は営業時間短縮の要請に応じていない飲食店等の利用は、厳に控えてください。
・路上・公園等における集団での飲食など、感染リスクが高い行動は控えてください。

(2) 飲食店等の皆さま
・酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店等に対しましては、休業を要請します。
・酒類又はカラオケ設備の提供を行わない飲食店等に対しましては、営業時間を5時から20時までの間としてください。

(3)事業者の皆さま
・在宅勤務(テレワーク)の活用や休暇取得の促進等により、出勤者数の7割削減を目指してください。職場に出勤する場合でも、時差出勤、自転車通勤等の人との接触を低減する取組みを強力に推進してください。
・事業の継続に必要な場合を除き、20時以降の勤務を抑制してください。

集客施設への要請や催物(イベント等)の開催制限は、施設の種類等により異なりますので、福岡県ホームページをご確認ください。

      https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid19emergency-details.html

新型コロナウイルス感染症への今後の対応について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年05月04日(火)

福岡県内における新規陽性者数は、4月中旬以降、100人を超える日が続き、感染経路も会食によるものが大幅に増加したため、県民の皆様には4月20日から不要不急の外出自粛を、福岡市内の飲食店等の皆様には4月22日から営業時間の短縮等を、その後、4月25日からは久留米市内の飲食店等の皆様に営業時間の短縮等を要請してきたところです。
しかしながら、4月28日には新規陽性者数が過去最多の440人となり、変異株の陽性者が約8割を占める状況になっていることから、5月1日、国にまん延防止等重点措置を本県に適用するよう申し入れを行ったところです。今後、国としての判断がなされ、適用されるまでには一定の期間を要することから、県では、まん延防止等重点措置と同等の措置を先んじて実施することといたしました。
県民及び事業者の皆さまには、引き続き御不便と御苦労をおかけしますが、5月19日(水)までの期間、以下についてご理解とご協力をお願いします。

(1) 県民の皆さま
・生活や健康の維持に必要な場合を除き、日中も含めた不要不急の外出・移動を自粛してください。
・緊急事態措置区域等や県内でも感染が拡大している地域との不要不急の往来は自粛してください。
・営業時間の変更を要請した時間以降、飲食店等にみだりに出入りしないでください。
・路上・公園等における集団での飲食など、感染リスクが高い行動は控えてください。
・普段一緒にいない人との飲食は屋外でも控えてください。(バーベキューなど)
・三密の回避、身体的距離の確保、マスク、手洗いなど基本的な感染防止対策を徹底してください。

(2) 飲食店等の皆さま
・福岡市内及び久留米市内の飲食店等については、営業時間を5時から20時までの間としてください。酒類については、提供時間を11時からとし、オーダーストップは19時としてください。
・福岡市、久留米市以外の飲食店等については、営業時間を5時から21時までの間としてください。種類については、提供時間を11時からとし、オーダーストップは、20時までとしてください。
・飲食を主として業としている店舗においては、カラオケを行う設備を提供している場合は、当該設備の利用を自粛してください。

(3)集客施設の皆さま
・福岡市内及び久留米市内の飲食店等については、営業時間を5時から20時までの間とし、酒類の提供を11時から19時までとしてください。
・福岡市、久留米市以外の飲食店等については、営業時間を5時から21時までの間とし、酒類の提供を11時から20時までとしてください。

(4)催物(イベント等)の開催制限
? 大声での歓声、声援等がないことを前提としうる場合
・収容率の上限100%以内又は人数上限5,000人のいずれか小さい方
? 大声での歓声、声援等が想定される場合等
・収容率の上限50%以内又は人数上限5,000人のいずれか小さい方
 
■福岡県の「新型コロナウイルス感染症」に関する情報については下記URLをご覧ください。
○新型コロナウイルス感染症への今後の対応について
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid19emergency-details.html

○新型コロナウイルス感染症ポータルページ
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html

福岡県における新型コロナウイルス感染症への今後の対応について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年04月23日(金)

 福岡県内における新型コロナ感染症の新規陽性者数は、4月14日以降、9日連続で100人を上回り、20日は約3か月ぶりに200人を超え、昨日は268人となるなど、高い水準で推移しています。また、従来株よりも感染しやすい可能性が指摘されている変異株の陽性者の増加も続いています。さらに、感染経路不明者の割合も5割を超えており、市中感染の状況にあると言わざるを得ません。

 このような中、県民の皆様には、4月20日から5月19日までの期間において、生活や健康の維持に必要な場合を除き、日中を含めた不要不急の外出の自粛等を、福岡市内の飲食店等の皆様に対しては、4月22日から5月19日までの期間において、営業時間の短縮等を要請しているところです。

 しかしながら、久留米市においても陽性者の増加が顕著であり、感染経路について3月は1%だった会食によるものが、4月は29%と大幅に増え、家族感染を除くと最も多くなっていることから、福岡市内の飲食店に加え、久留米市内の飲食店等の皆様に対して、4月25日から5月19日までの期間において、営業時間を21時までとすること等を要請することとしましたので、お知らせします。

 事業者の皆さまには、御不便と御苦労をおかけしますが、引き続き、御協力をお願いします。
 
■福岡県の「新型コロナウイルス感染症」に関する情報については下記URLをご覧ください。
○新型コロナウイルス感染症への今後の対応について
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid19emergency-details.html#a5

○新型コロナウイルス感染症ポータルページ
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html

【再配信】防犯ボランティア活動の開始を応援します(福岡県安全・安心まちづくり団体事業補助金)

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年04月23日(金)

※サーバーでトラブルがありメール不着の心配がありましたので 念のため再配信いたします。

福岡県では、県民が自主的に組織する団体(自治会、PTA、ボランティア団体等)が防犯活動(パトロール、通学児童の見守り等)を新たに開始し又は拡充するために必要な経費の一部に補助金を交付しています。
この度、令和3年度におけるその交付申請の募集を開始しましたので、その概略を以下にお知らせします。
補助金で購入等することができるもの:防犯活動用の帽子、ベスト、ジャンパー、腕章、タスキ、パトロール車両用のステッカー、のぼり旗。また、パトロールカードやわんわんパトロール用リード、エコバッグ等の「ながら防犯」活動用品等
補助金の交付額(上限):1団体当たり10万円
補助金の交付対象数:30団体程度(審査の結果により申請団体の中から選ばれます。)
申請方法:申請書、事業計画書、収支計算書、団体調書その他の必要書類一式を市町村の防犯担当課に提出する方法。なお、県に対しては市町村から適切な申請の推薦が行われます。
申請書類の様式:ウェブサイト「福岡県の安全・安心まちづくり」の関係ページ(http://www.anzen-fukuoka.jp/pref/)からダウンロードするか(注1)、又はお住まいの市町村の防犯担当課でも入手することができます。
申請の締切り:県における締切日は令和3年5月31日(月)です。ただし、市町村における申請の受付けは当該市町村が定める同日以前の日が締切日になりますので注意してください。
その他詳細:前記ウェブページを御覧ください。また、県(注2)もしくはお住まいの市町村の防犯担当課にお尋ねになることもできます。
(注1)インターネット等の通信には利用料金が掛かることがあります。
(注2)福岡県 人づくり・県民生活部 生活安全課 地域防犯推進係(福岡市博多区東公園7番7号/電話092-643-3124/ファクス092-643-3169/電子メールanzen@pref.fukuoka.lg.jp)

防犯ボランティア活動の開始を応援します(福岡県安全・安心まちづくり団体事業補助金)

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年04月09日(金)

福岡県では、県民が自主的に組織する団体(自治会、PTA、ボランティア団体等)が防犯活動(パトロール、通学児童の見守り等)を新たに開始し又は拡充するために必要な経費の一部に補助金を交付しています。
この度、令和3年度におけるその交付申請の募集を開始しましたので、その概略を以下にお知らせします。
補助金で購入等することができるもの:防犯活動用の帽子、ベスト、ジャンパー、腕章、タスキ、パトロール車両用のステッカー、のぼり旗。また、パトロールカードやわんわんパトロール用リード、エコバッグ等の「ながら防犯」活動用品等
補助金の交付額(上限):1団体当たり10万円
補助金の交付対象数:30団体程度(審査の結果により申請団体の中から選ばれます。)
申請方法:申請書、事業計画書、収支計算書、団体調書その他の必要書類一式を市町村の防犯担当課に提出する方法。なお、県に対しては市町村から適切な申請の推薦が行われます。
申請書類の様式:ウェブサイト「福岡県の安全・安心まちづくり」の関係ページ(http://www.anzen-fukuoka.jp/pref/)からダウンロードするか(注1)、又はお住まいの市町村の防犯担当課でも入手することができます。
申請の締切り:県における締切日は令和3年5月31日(月)です。ただし、市町村における申請の受付けは当該市町村が定める同日以前の日が締切日になりますので注意してください。
その他詳細:前記ウェブページを御覧ください。また、県(注2)もしくはお住まいの市町村の防犯担当課にお尋ねになることもできます。
(注1)インターネット等の通信には利用料金が掛かることがあります。
(注2)福岡県 人づくり・県民生活部 生活安全課 地域防犯推進係(福岡市博多区東公園7番7号/電話092-643-3124/ファクス092-643-3169/電子メールanzen@pref.fukuoka.lg.jp)

福岡県における緊急事態措置の解除及び今後の対応について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年03月19日(金)

これまで県民の皆さま及び事業者の皆さまにお願いしてきた内容のうち、不要不急の外出自粛、飲食店に対する営業時間短縮の要請については、3月21日(日曜日)をもって解除することを決定しました。
皆様には、2月28日までの宣言期間中に引き続き、不要不急の外出自粛や営業時間短縮などの厳しい措置に対し御理解と御協力をいただき、あらためて感謝申し上げます。

県民の皆さま及び事業者の皆さまには、再度、外出自粛や営業時間短縮といった厳しい対応をお願いすることにならないよう、社会全体でリバウンド防止を図っていくため、3月22日(月曜日)以降も、引き続き、御協力をお願いします。

【県民の皆さまへのお願い】
・飲食店の利用は、少人数、2時間以内とし、深酒はせず、会話の際は、マスクを着用して大声を避けてください。個人宅等での会食を伴う集まりも同様にお願いします。
・特に、この季節は行事が多くなります。卒業旅行、謝恩会、歓送迎会は控えていただき、花見は宴会なしで行っていただくようお願いします。
 
■福岡県の新型コロナウイルス感染症への今後の対応について(3月19日発表)
の情報はポータルページをご覧ください。

https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid19emergency-details.html#a6

福岡県飲酒運転撲滅県民大会in粕屋をWeb配信で開催します!

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年02月04日(木)

平成23年2月9日に粕屋町において男子高校生2人の尊い命が失われた飲酒運転事故からまもなく10年・・・
県民一丸となって飲酒運転ゼロを目指す決意を新たにするため、2月7日(日)14時から「福岡県飲酒運転撲滅県民大会 in 粕屋」をWeb配信で開催します。
大会では、被害者の同級生や御遺族からのメッセージを発信するほか、高校生による飲酒運転撲滅宣言を行います。
ぜひ、御視聴いただき、粕屋町から発信する飲酒運転撲滅の想いをそれぞれの場所で共有しましょう。

○配信日時:令和3年2月7日(日) 午後2時00分〜午後3時25分

○配信場所:サンレイクかすや さくらホール
(糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目6番1号)

○配信内容(予定)
・ 主催者、来賓挨拶
・ 飲酒運転撲滅功労者、飲酒運転撲滅宣言企業・宣言の店 表彰式
・ 飲酒運転撲滅リレートーク
・ 被害者同級生からの飲酒運転撲滅メッセージ
・ 御遺族山本美也子氏による飲酒運転撲滅への想い
・ 高校生からの飲酒運転撲滅宣言

○視聴方法:次のYouTubeへのリンクをクリックしてください
【URL】https://youtu.be/oe5XF2VPxO0(YouTube)

県ホームページ: https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/insyuuntenbokumetsutaikaiinkasuya.html

福岡県における緊急事態措置の延長について

  • 送信者:福岡県人づくり・県民生活部生活安全課┃
  • 2021年02月03日(水)

2月2日、緊急事態宣言の期間が3月7日まで延長され、本県も引き続き対象区域とされました。皆さまにはご不便をおかけしますが、引き続き以下の緊急事態措置に御理解・御協力をお願いします。

【県民の皆さまへの要請等】
1.外出自粛の要請(特措法第45条第1項)
生活や健康の維持に必要な場合を除いた、不要不急の外出・移動を自粛すること。特に、20時以降の外出や、不要不急の都道府県間の移動、感染が拡大している地域への移動を極力控えること。
※生活や健康の維持に必要な場合の例
医療機関への通院、食料、医療品、生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など
2.「三つの密」を徹底的に避けるとともに、「身体的距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」等の基本的な感染防止対策を徹底すること。
3.その際、国の専門家会議等で示された「人との接触を8割減らす、10のポイント」「新しい生活様式の実践例」「感染リスクが高まる『5つの場面』」等を参考にすること。

■福岡県新型コロナウイルス感染症一般相談窓口(24時間受付)
TEL:092-643-3288  FAX:092-643-3697

■県民の皆様向けの支援・相談窓口
 https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-support-individual.html

■事業者の皆様向けの支援・相談窓口
 https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-support-corporation.html
 
■福岡県の「新型コロナウイルス感染症」についての情報はポータルページをご覧ください。
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html


    地域防犯活動団体登録制度