福岡県の安全・安心まちづくり

ご意見募集 サイトマップ

県の取組

テーマ別

お問い合わせ先

トップ の中の 県の取組 の中の 防犯リーダー養成講座 の中の 令和元年度の取り組み

防犯リーダー養成講座

県では、安全・安心まちづくりに関心のある方を対象に、地域防犯活動に役立つ「防犯リーダー養成講座」を実施しています。

◆第2回防犯リーダー養成講座の募集◆

※ワークショップや、先進的な取組をおこなっている防犯活動団体の事例紹介などを予定しています。

【日時】

(1)令和2年2月8日(土) 10:00~16:20

(2)令和2年2月9日(日) 10:00~16:10

※2日にわたって実施しますが、いずれか1日のみの受講も可能です。
 (修了証の発行は、2日間参加された方が対象となります。)

※定員を超えるお申し込みがあった場合は、両日受講される方を優先させていただきます。
 両日の講座内容は異なります(下記【カリキュラム】参照)。

【場所】

毎日西部会館 2階 特別室(2日間共通)
(北九州市小倉北区紺屋町13-1)

【定員】

50名
※定員を超えるお申込みがあったときは、受講をお断りする場合があります。

【注意事項】

・受講料は無料です。交通費・昼食代は参加者の負担となります。

【申込み方法】

インターネット(電子申請システム)よりお申込みできます。
または、下記の申込書を郵送、FAX、電子メールのいずれかで県生活安全課へ提出してください。
お住まいの市町村の安全・安心まちづくり(防犯)担当課でも受け付けています。

●電子申請システム 下記<ふくおか電子申請サービス>よりアクセスしてください。

ふくおか電子申請サービス

携帯電話の方は、下記のQRコードを読み取り、アクセスすることができます。

ふくおか電子申請サービスのQRコード

●申込書

エクセルファイル(44KB) PDFファイル(106KB)
【締切】

令和2年1月17日(金) 福岡県生活安全課 必着
※市町村への申込み締切は、各市町村へお問い合わせください。

【お問い合わせ】

福岡県人づくり・県民生活部生活安全課

TEL:092-643-3124

FAX:092-643-3169

E-mail : anzen@pref.fukuoka.lg.jp

【募集チラシ】
【カリキュラム】

◆第1回講座の実施概要◆

【日時】

(1)令和元年11月16日(土) 10:00~16:10

(2)令和元年11月17日(日) 10:00~16:00

【場所】

大牟田文化会館 3階 第1・第2研修室(大牟田市不知火町2-10-2)

【対象】

地域で防犯活動をけん引する役割を担う方。
防犯活動を行っている方(これから行いたいと思っている方)。

【参加人数】

(16日) 31名、(17日) 20名

【カリキュラム】 PDFファイル

11月16日(土)

安全・安心まちづくり、地区防砂計画と地域の備え、犯罪が起こらないまちづくり、地域防犯活動団体の活動事例紹介についての講義などを学ぶ講義を行いました。

  • ●福岡県の安全・安心まちづくりの取組

    福岡県生活安全課
  • ●ニセ電話詐欺対策の取組

    福岡県警察本部
    生活安全総務課
  • ●子どもの安全対策
    ~リーダーの知っておくべき防犯のポイント~


    春日・大野城・那珂川防犯協会
    副会長 金子 昌隆 氏
    (福岡県安全・安心まちづくりアドバイザー)
  • ●まちづくりと地域防犯
    ~「ながら防犯」を生活の一部に~
    ※「ながら防犯」活動事例紹介(映像)

    株式会社 まちづくり計画研究所
    代表取締役 今泉 重敏 氏
    (福岡県安全・安心まちづくりアドバイザー)
  • ●地区防災計画と地域の備え
    ~熊本地震の避難所運営課題を通じて~

    熊本大学 大学院 先端科学研究部
    准教授 竹内 裕希子 氏
  • ●活動事例紹介(地域防犯団体)


    御笠青色パトロール隊
    副会長 櫻木 晴美 氏
    (福岡県安全・安心まちづくりアドバイザー)

11月17日(日)

九州国際大学生の皆さんと地域の安全対策を考える地域安全マップ作りを行いました。

  • ●地域の安全対策
    ~危険な場所の見つけ方~

    九州国際大学 法学部
    教授 姜 信一 氏
  • ●フィールドワーク(まち歩き)


  • ●グループワーク(地域安全マップ作り)
  • ●グループ発表・講評

○参加者のご意見

  • 何気なく通っている街も注意してみれば、危険な場所があることに気づかされました。
  • 割れ窓理論が納得しました。九州国際大学の学生さんに感謝です。
  • フィールドワーク(街歩き)は多くの人と一緒に行った方が、いろんな意見が出やすい。
Copyright (C) 2007 Fukuoka Prefecture. all rights reserved.