福岡県の安全・安心まちづくり

ご意見募集 サイトマップ

県の取組

テーマ別

お問い合わせ先

トップ の中の 県の取組 の中の 県職員を名乗るニセ電話詐欺発生に関する注意喚起について

全国銀行協会を騙った新たな手口について

福岡県内のニセ電話詐欺の被害につきましては、昨年1年間で認知件数が359件、被害額が6億6,745万円と深刻な状況となっており、また、ニセ電話詐欺の手口についても日々変遷しております。

そのような状況の中、今年に入り、神奈川県内において、改元による銀行法改正を口実に全国銀行協会を騙った文書を郵送し、同封した返信用の封筒でキャッシュカード等を送付させる新たな手口の特殊詐欺未遂事件が連続発生しています。
これまで、本県においては、同様の手口による事案の認知はされていないものの、今後、同様の手口が発生することが懸念されます。
つきましては、同様の事案を認知した際は、警察に通報していただきますようご協力をお願い申し上げます。

【事案の概要】
被疑者は、平成31年1月、神奈川県内において、被疑者宅に「改元による銀行法の改正に伴い、「個人情報記入書類の変更・新規作成」「キャッシュカード紛失・盗難によるATMの不正操作防止」のため、全金融機関のキャッシュカードを不正操作防止用キャッシュカードへ変更することになりました。
つきましては、下記のとおりお手続きください。」旨が記載された文書を郵送し、同封した返送用の封筒で返信させ、キャッシュカードをだまし取ろうとしたもの。
添付資料1 「元号改元による銀行法改正について」と題する資料
添付資料2 「キャッシュカード変更申込書」と題する資料
【福岡県警察ホームページ:ニセ電話詐欺対策ページ】別ウィンドウで開きます。
http://www.police.pref.fukuoka.jp/seian/seian/nisedenwasagi/nisedennwasagitaisaku-2014-02.html
【福岡県消費生活センターホームページ】別ウィンドウで開きます。
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/shouhiseikatsu.html

県職員を名乗るニセ電話詐欺発生に関する注意喚起について

【「個人情報を消去する」公的機関をかたる詐欺に注意しましょう】
県庁職員や監督官庁など、公的機関をかたり、「あなたの個人情報が漏れているので消去した方がいい」と持ちかけ、最終的にはお金をだまし取る手口が発生しています。
公的機関が「個人情報を消去する」などと電話することは絶対にありません。このような電話は相手にせず、すぐに電話を切ってください。
一度お金を払ってしまうと取り戻すことは極めて困難です。絶対に支払ってはいけません。このような電話がかかってきたら、すぐに最寄りの警察署または消費生活センターに相談してください。
 
注意喚起チラシ PDF
【福岡県警察ホームページ】別ウィンドウで開きます
http://www.police.pref.fukuoka.jp/seian/seian/nisedenwasagi/nisedennwasagitaisaku-2014-02.html
【福岡県消費生活センターホームページ】別ウィンドウで開きます
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/shouhiseikatsu.html
Copyright (C) 2007 Fukuoka Prefecture. all rights reserved.