福岡県の安全・安心まちづくり

ご意見募集 サイトマップ

地域防犯活動を推進する

テーマ別

お問い合わせ先

トップ の中の 地域防犯活動を推進する の中の 地域防犯活動団体の取組 の中の
小郡市立のぞみが丘小学校PTA

地域防犯活動団体の取組

団体名
小郡市立のぞみが丘小学校PTA
のぞみ安全パトロール委員会
結成年月
平成16年5月
活動区域
のぞみが丘小学校区
活動人数
960名(保護者)
代表者
PTA会長 楠 良司
電話番号
 
活動の名称等
子ども達を見守る安全活動
1. 活動を始めた契機
子ども達を被害者とする「連れ去り」・「誘拐」・「傷害事件」など、悲しいニュースが後を絶たない厳しい社会状況を踏まえ、子ども達の安全確保と、地域の防犯意識向上を目的として、平成16年5月にPTAの組織として「パトロール委員会」を発足し、取り組みを始めた。

2. 主な活動内容
保護者を約130班に編成した巡回日程を基本に、年間を通して、月曜日〜金曜日の15時30分 〜 19時の間(登下校の時間帯を中心)の30分以上を徒歩で巡回する。
巡回時には、腕章を身に付け、気付いた事項を記入するノート(チェック表)を活用し、情報の収集に努め、保護者・地域の皆様に「パトロール便り」や「危険箇所マップ」発行にてお知らせしている。
そして、土曜日には、父親保護者による18 〜 20時の巡回活動も、車両と徒歩を併用して年間20回を実施している。
さらに、地域の皆様にも安全活動の腕章の身に付けをはじめ、車両には「子ども達を守ろう!」のマグネットプレートやサンバイザー表示プレートを装着お願いして、子ども達の登下校の様子を見守って頂いている。

3. 活動を通じて感じること
活動を通して…
継続して活動していることで、子ども達を見守る心温かな大人のかかわりが増え、さらには、地域全体の防犯意識の高まりを感じている。
 
Copyright (C) 2007 Fukuoka Prefecture. all rights reserved.