福岡県の安全・安心まちづくり

ご意見募集 サイトマップ

地域防犯活動を推進する

テーマ別

お問い合わせ先

トップ の中の 地域防犯活動を推進する の中の 地域防犯活動団体の取組 の中の 中牟田地区ネットワーク協力会

地域防犯活動団体の取組

団体名
中牟田地区ネットワーク協力会
結成年月
平成18年5月
活動区域
集落内及び小中学生の通学路
活動人数
50名
代表者
 
電話番号
 
活動の名称等
安全・安心パトロール「子ども見守り隊」

平成18年の春、小学校低学年の女児が帰校時に不審者に危うく連れ去られそうになった事件が発生しました。このような事件には学童がいる家庭など一部の人たちで対応することは到底不可能です。早速「中牟田福祉ネットワーク」の地域組織を挙げて防犯対策に取り組みました。
先ずは子ども達の通学路での登下校時のパトロールです。多くの方々、思わぬ人々の協力が得られ、安全・安心体制が定着し、子どもたちものびのびと通学しています。地区内に新しい道路が開通し、急速に交通量が増える中、このパトロールは交通事故防止にも大きく貢献していると思われます。
そして、防犯パトロールをアピールした帽子やタスキは、県の補助を受け全世帯に配布できました。この姿での地区内巡回は、住民の防犯意識の高揚と共に不審者に対して大きなけん制になっていると思います。
また、地区内にはこの地区特有のクリークがたくさんあり、近年立派なコンクリート護岸が施されています。立派なのはいいのですが、子ども達が落ち込んだら掴まるものがありません。そこであちこちのクリークにはペットボトルにロープを結んだ「お助けロープ」を垂れ下げています。もし落ち込んだらこれに掴まるのです。
地区内のカーブミラーには竹ざおに雑巾を付けた「鏡拭き」が設置され、気づいた人が使用できるようになっています。
このように「防犯」「交通安全」「危険防止」などいろいろなことに帰を配りながら頑張っています。
 
Copyright (C) 2007 Fukuoka Prefecture. all rights reserved.