福岡県の安全・安心まちづくり

ご意見募集 サイトマップ

地域防犯活動を推進する

テーマ別

お問い合わせ先

トップ の中の 地域防犯活動を推進する の中の 地域防犯活動団体の取組 の中の南地区防犯パトロール隊

地域防犯活動団体の取組

団体名
南地区防犯パトロール隊
結成年月
平成18年7月
活動区域
大野城市南地区
活動人数
130名
代表者
戸渡 慧
電話番号
092-596-0696
活動の名称等
南地区の安全と安心を守るための活動を展開中
○ 活動を始めた契機
大野城市南地区は昭和30年代より開発された住宅地で、市内で最も高齢化率の高い地区です。そのため、空き巣、車上狙い等の犯罪も多く、その対策に苦慮していましたところ、パトロールカーの寄贈を受けたのをきっかけに、平成18年7月南地区住民による防犯パトロール隊を立上げ、南地区の子どもの安全と健全育成、地域の防犯を目的に活動を開始しました。

○ 主な活動内容
南地区は6行政地区で構成されており、各区が輪番制で毎週月曜から土曜日まで小中学生の下校時間を中心に 3 〜 4 名体制で地区内を防犯パトロールカーで約2時間程度巡回し、次のような活動を行っています。
(1) 小中学生の下校時における交通安全指導
(2) 駐車違反多発地区の警察への通報
(3) 不法投棄、道路破損箇所の市役所への連絡

また、夜間は青少年育成部員、少年相談員が子ども達の集まりそうな場所をパトロールし、い集等を行っている子どもを見つけた場合は、帰宅指導等を行っています。子を見守って頂いている。

活動を通じて感じること
○ 活動の成果
南コミ管内校区の犯罪発生件数は、平成17年中に比し、平成18年中は35%改善されました。このように地域安全活動を推進し、大野城市南地区の犯罪を大幅に減少させ、安全・安心のまちづくりに貢献した功労に対して平成19年1月には筑紫野警察署より感謝状を戴きました。
このことを契機に地域住民の関心も高まり、趣旨に賛同する人も増え、平成19年4月 現在130名(当初60名)の協力員で毎日活動しています。
Copyright (C) 2007 Fukuoka Prefecture. all rights reserved.